まるごとわかる バーコード/2次元コード

バーコード

CODE39とは

CODE39は1975年にインターメック社で開発されたバーコードで、数字、アルファベットといくつかの記号の合計43個のキャラクタをコード化したものです。
アルファベットを扱えることから工業用にはなくてはならないものとされ、FAでは自動車、電気関係で数多く使用されるのをはじめ、我が国でも、EIAJ(日本電子機械工業会)が規格化をすすめています。

CODE39の構成

CODE39は、9本のバー、スペースのうち3本が太いということでこの名前がついています。
基本的な構成としては、以下のようになります。

  • 9本のバー、スペースで一つの文字(キャラクタ)を表します。
  • バーコードの始まりと終わりには、*(アスタリスク)が付けられます。(スタート/ストップキャラクタ)
  • それぞれのキャラクタの間のスペース部分を「キャラクタ間ギャップ」と呼びます。通常、ナローバー幅と同じサイズで作られます。ただし、最大値はナローバー幅の3〜5.3倍という規定になっています。
「CODE39の構成」の説明画像

CODE39の特長

  • 数字以外にもアルファベット、記号などが扱えるため、品番などが表現できます。
  • スタート/ストップキャラクタが「*」。
  • 一つの文字を表すのに、9本のバー、スペースを用い、他のコードに比べて多いため、誤読が非常に少なく、信頼性の高いバーコードです。
  • 一つの文字を表すのに、9 本のバー、スペースを用い、他のコードに比べて多いため、バーコードのサイズが最も大きくなります。
情報にアルファベットが必要なときには、CODE39で決まりです。